さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

犬の名は、銀牙 -流れ星 銀-より

予約で受け取ったビルド・ア・ベアの福袋には動物が一匹。
待望の普通の動物(?!)
毛並みがフアフアの犬が入っていました。
綿を入れて1月のお誕生日会にも参加。
今月で神戸店が閉店するからか、
動物の誕生日が一月が多いからか、
なぜだか分からないけど今月のお誕生日会はかつてない熱気。
小さな女の子(とその家族)にて店内は混み合い
写真撮影会ではあまりの人数できぐるみのクマが脱水状態になり
撮影会が一時中断するほど。
関西でまた別店舗にて再開予定だとのことだけど
近くの店だったらいいな。
今回も名づけ親は相方。
「スミス」と名づけられました。
BABW | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

どう見てもみやげ物

横浜で作ったイノシシ以来すっかり「ビルド・ア・ベア・ワークショップ」に
はまっているのですが、いかんせん、洋服が高い!
ということでオークションで手ごろなものを検索。
あまり店がない、ファンがいない?せいか
ほとんど出品されていない中、
洋服とぬいぐるみ(皮)のセットを落札。
ぬいぐるみの綿を入れるべく神戸店へ。
受け取った時から嫌な予感がしていたが、
綿を入れて形が出来ると予感は確信へ。

コアラ、それはもうオーストラリアの土産ものとしか見えない冷や汗
他の動物たちは洋服を着せやすいようにか手足が若干長く、
人型に近くなっているにもかかわらず、
コアラは本当にコアラのぬいぐるみで
Tシャツを着せるとまさしく「お土産!」。

何を着せても決まらない中、
落札商品の中にあった「ガーデニングセット(エプロン、ジョウロ、種)」を
着せてお誕生日会に再び参加。
店員のお姉さんに
「コアラは神戸店にはいなかったのであえてうれしい」
と言ってもらえて少し救われたコアラ。
イノシシ(干支)の次はコアラ(オーストラリア土産?)。
ちなみに名前は相方に「やよい」と名づけられました。
「コアラのマーチ」からだって猫2
BABW | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

毎日誰かのお誕生日

前回立ち寄った横浜の「ビルド・ア・ベア・ワークショップ」が神戸にあることも分かり、またその月に作ったぬいぐるみのお誕生日会が行われるとのことで、横浜で作ったイノシシを連れて神戸へ。

お誕生日会にはでっかいきぐるみと一緒に写真が撮れるということでぬいぐるみをもった小さな女の子たちがたくさん(大人のお姉さんもチラホラ)。
作ったぬいぐるみにはみんな洋服を着せていて、それがとてもおしゃれでびっくり。
靴はもちろん、髪飾り(動物なのに?)、ドレスにスカートの下にはちゃんとパンツ。
上半身は「亥年2007年」のTシャツに誕生日のノベルティでもらった黄色い缶バッチ、
下半身は真っ裸のイノシシはダントツのダサさモゴモゴ
バースディソングをみんなで歌った後は撮影会。
イベント参加で来店⇒イベントでテンション高まる⇒つい買い物してしまう
すっかりこのお店の販売戦略にはまりつつ、ちょっと目新しさが楽しいかもおはな
BABW | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

おともだちを作ろう!猪ってあり?

横浜ランドマークタワーで見つけた「ビルド・ア・ベア・ワークショップ」。
看板の様子からテディベアなどのようなクマのぬいぐるみのお店かな〜と
時間つぶしのついでに入ったお店。

ポップな店内にはあらゆる動物の皮がてんこ盛りびっくり
『約36種類ある動物のキャラクターの中からお気に入りを選んで、
自分だけのぬいぐるみが作れる体験型ストア』
つまり気に入った(綿の入っていない)動物を選んだ後、
綿詰めしてぬいぐるみを作るお店なのでした。
自分の作ったぬいぐるみに名前をつけて出生証明書を発行したり、
洋服を選んだり、世界にたったひとつのぬいぐるみを作るお店だとのこと。
店内の様子に心惹かれはじめて一匹作ってみようということに。
くまやウサギ、犬や猫などぬいぐるみの定番動物たちに混じって
イノシシが……。
干支だからと言ってもぬいぐるみとしてありなのか?
でも意外と可愛いかもと結局イノシシを選択、
作ったぬいぐるみの名前は「ぼたん」。
洋服はとりあえず「2007年亥年」のTシャツ(ダサいモゴモゴ

ぬいぐるみはキャラクターもの、
もしくはパンダに限定されていた我が家ですが、
こうやって自分で作るとなんだか愛着もわいてきます。
ちなみにここではできたぬいぐるみは店員さんからは
「おともだち」
と呼ばれます。
BABW | permalink | comments(0) | trackbacks(0)