さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< バタフライ・エフェクト2 | main | ボーン・アルティメイタム >>

さあ、雷鳥に乗って。

敦賀へ行こう!

〜ごきげんな旅は、車内からはじまる〜
「特急『雷鳥』号車内キャンペーン」
なんてのが開催されていた。
別にそれだけならどうとも思わなかっただろうけれども、
「雷鳥」車内限定で特製駅弁「雷鳥御膳」が販売されてたりするから困った。
金沢の老舗料亭「大友楼」が手がけた、ちょっと贅沢な特製駅弁らしいし。

そんな訳で「雷鳥」に乗りに行く事に。
行き先は「雷鳥」停車駅ならどこでもよかったのだけど、
特に行きたい所もなかったのでキャンペーン区間ギリギリの敦賀迄。
敦賀なんて新快速で行けるのに、と思わないこともない。


朝はゆっくり目の「雷鳥9号」に乗車。
同時に「雷鳥御膳」購入。
早々に旅の目的を果たす。
何ならこのまま下車してもいいんじゃないかという気がしたのは秘密。

車窓から琵琶湖を眺めつつ、「雷鳥御膳」を堪能。
なかなかのお値打ち品。
ただ、駅弁に温泉卵はどうかとは思う。


敦賀ではレンタサイクルでのんびりサイクリング。
松本零士作品のモニュメントを見たり、
気比神宮や金崎宮に参拝したり、
気比の松原の松林を疾走したり。
金ヶ崎城跡は途中で諦めた(笑)
アクアトムは色々残念な事になっていた。

ヨーロッパ軒で少し遅い昼食。
ボリューム満点。


帰りは当然のように新快速。
宵の口には家に着いていた。
コンパクトな旅。

JUGEMテーマ:旅行

外観
中身
1200円は駅弁としては少し高い気がするが、
中身には非常に満足。

メーテル
999とかヤマトとか。
マイナーなのはなかった。

街猫
警戒されてた。

松林
でっかい鳶を見た。
弁当を取られないよう気をつけてください、的な看板にも納得の大きさ。

ソースカツ丼
でかい。
高飛び | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/1036
この記事に対するトラックバック