さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 | main | 人間ドラマ IN SLやまぐち >>

西へ

いよいよ夏の青春の旅の本番。
とは言え前回からのインターバルはたったの二日。
全然いよいよという気がしない。

勿論、今回も西へ。
まずはいつものように岡山まで。
青春シーズンと言う事で列車内は大混雑。

岡山からは山陽線でさらに西へ。
糸崎でシティライナーに乗換えさらに西へ。
そのまま広島を越えさらに西へ。
ここで18切符での西への旅の最長距離を更新。
昔ムーンライト九州で博多への往復を経験しているけれど、
あれは2枚使うし夜行だし。
実質18切符で広島越えるのは初めてみたいなもの。

目的は宮島。
と言うかあなごめし。
と言う訳で宮島口へは相方を先行させ、
「うえの」のあなごめしの様子を偵察させる。
その間私は近隣の駅を押し鉄。
あなごめしが意外と早く出来上がったので、押せたのは3駅。

船で宮島へ渡り昼食。
あなごめしを食べている間、
盛んに鹿に襲われる(笑)
ありとあらゆる物を食べようとする鹿から弁当を守りつつの昼食。
相変わらず美味なあなごめし。

昼食後厳島神社へ。
潮が引いていて鳥居が剥き出し。
海に聳え立つ鳥居は前回見ているので、
今回潮が引いている状態の姿を見れたのはいいかもしれない。
しかし、初めて来てこれだとがっかりするような気もする。

折角なので鳥居の下まで歩いて行ってみる。
海の中に立っているイメージの鳥居を下から見上げるというのは、
何だか変な感じだ。

厳島神社参拝の後、門前町を散策。
明日が花火大会と言う事で準備中の露天なんかも軒を並べているのだが、
鹿が色々漁ってダンボールを食べたりしていた。
アグレッシブ。

宮島を後にし、さらに西へ。
本日の宿泊地を目指す。

山陽線で新山口へ。
予約しておいた駅弁を受け取り山口線に乗換。
因みにこの旅を計画するまで、
小郡が新山口に名称変更されている事を知らなかった(笑)
両方とも存在していると思っていた。
いやあ、びっくり(笑)

山口線で湯田温泉に。
温泉街と住宅地が混ざったような不思議な土地。
白狐の土産物を探し回ったりしつつ、そんな街を散策。

泊まったのは安ホテルだけれども、温泉。
近くの分譲マンションはやっぱり温泉だったりするんだろうか。
だったらちょっと羨ましい。


鳥居遠景
鳥居下から
厳島神社。

社殿
初めてがこれだったらちょっと残念かも。

鹿
宮島の鹿。親子と見せかけて、そうでないかもしれない二頭。

ゆー太
湯田温泉のキャラクター。

駅弁
あなごめし(宮島口)
SL弁当(新山口)
貴婦人の旅(新山口)
食事は全て駅弁(笑)
高飛び | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

18の旅に付き合ってくれる相方に感心です。

ちなみに、私が初めて見た宮島は
そんな感じでした。ちょっと残念。
もとせ | 2008/09/22 12:33 PM
電車に車で併走してくれる相方さんも凄いと思います。

あの宮島は、残念、という言葉しか思いつきませんでした。
鯖夫 | 2008/09/23 1:58 AM
ま、お互い良い相方を持ったってことで・・・。
もとせ24/549 | 2008/09/24 3:57 PM
そうですね。そう思います。
鯖夫 | 2008/09/25 2:56 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/1246
この記事に対するトラックバック