さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 弾突 DANTOTSU | main | 瀕死 >>

三国志城

また、西へ。

夏に山口を通った際、駅の名所案内に三国志城の文字を見つけ、
そう言えば山口だったよな、とか思っていたら意外と早くに行く機会が。

徳山まで駅弁を買いに行くだけでは勿体無いので、
それなら三国志城に寄ろうと言う次第。
因みに日帰りの最長距離を更新する予定。
今までは富士宮までの428.3km×2。
今回は徳山まで456.0km×2。
900キロ越え。


いつものように西へ、と姫路に着いたのだが、
来ている筈の電車がいない。
どういうことかと思ったら事故。
姫路岡山間の運転見合わせ中だとか。

いきなりのアクシデント発生。

困った。
行程に殆ど余裕のないと言うのに。
困った。

周りの人も困っている(笑)

とりあえず赤穂線経由で岡山へ向かうか、
新幹線で岡山まで向かってしまうか、
行程そのものを変えてしまうか(笑)、
非常に悩む。

結局30分遅れで電車は動くとの事。
この後の行程が順調に行くならば、
三国志城には1時間遅れで着ける。
あくまで順調に行ければ、だけど。
と言う訳で先の事は岡山まで出てから決める事に。

岡山発の電車も遅れ気味ではあったのだけど、
そのお陰で乗れないと思っていた電車に乗れたこともあり、
この先も何とかなりそうなので目的を完遂する事に。

糸崎から先は平常運転。
予定より1時間程遅れて田布施着。
タクシーで三国志城へ。

まずは腹ごしらえ。
五斗米道やきめしと黄蓋かやくうどんに関羽いなり。
特にやきめしが美味。
グリーンピースさえ入っていなければ完璧だったのに。
うどんも美味。

食事後、館内を見て回る。
一部の展示が貸し出されていたのは残念。
復元された木牛は見てみたかった。
しかし的盧のTシャツを一目で分かった館長さんは流石だ。
着ていった甲斐もあるというもの(笑)

そうこうしている間に撤退時間に。
もうちょっとゆっくりしたい、
と後ろ髪引かれながら撤収。
順調ならば最大2時間居る事が可能だったのに、
とアクシデントを怨みつつ岩田から徳山へ。

徳山で駅弁を購入し帰途へ。

広島を越えた辺りで心が折れる(笑)
先週の広島日帰りは平気だったのに。
どうやら広島辺りが日帰りの限界のようだ。
肉体的にも精神的にも。

さらに追い討ちをかけるように二度目のアクシデント。
糸崎から先、事故の影響で遅れが発生中との事。
折角効率的にスタンプを押せるよう予定を組みなおしたのが、
全部無駄に。
もう兎に角、無事に帰り着く為に東へ向かう電車に乗り続ける。
日が変わってから、ようやく帰宅。
私の前に電車は一本、後ろにも電車は一本。


三国志城の喫茶棟にはまた行きたい。
近くに住んでいれば、全メニュー制覇するんだがなぁ。


やきめし
五斗米道やきめし。

うどんといなり
黄蓋かやくうどん。黄蓋だけにね。

孔明像
展示はこんな感じ。

ういろう
山口と言えば外郎。

駅弁
岡山・味よしべんとう
徳山・「さよなら0系新幹線」幕の内弁当
徳山・とくちゃんふくちゃん弁当
高飛び | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

サルの脳や蛇などが出てくる
「兀突骨定食」とかはないんですか?
鬼 | 2008/10/15 12:47 AM
一瞬普通にありかな、と思ってしまいましたが、決して食べたくはありません(笑)
ワニ位なら不可能ではないかもしれませんが、残念ながら至って普通の食道です。
鯖夫 | 2008/10/15 1:07 AM
久しぶりに聞いたわ、五斗米道
ミルトン | 2008/10/15 7:44 AM
三国志ファンなら日々五斗米道に思いを馳せなければ(笑)
鯖夫 | 2008/10/15 6:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/1302
この記事に対するトラックバック