さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Road to Eki stamp complete conquest Vol.13 | main | 奥出雲おろち号食道楽の旅 >>

来待ストーン

目的は明日。
とりあえず移動しておく必要があるので、
いつものように西へ、そして北へ。
今年何度目かの米子に到着。

ここでアクシデント発生。
注文したはずの弁当が一つない。
相方が注文を忘れたようで朝に確認はしていたのだが、
結局注文は通らなかった様子。
その他のどれが通っていなくても仕方がないで済んだのだが、
一番大事なのがないと言うのが最悪。
食べ物の恨みは恐ろしいのに(笑)

そんなこんなで本日唯一の観光、来待ストーンへ。
来待石のミュージアムなのだが、結婚式場でもある。
誰が島根の人と結婚してここで式を挙げてもらいたくて仕方がない。
痴情の縺れで事件が起きた際には、
来待石の結婚証明書が凶器になりそう(笑)
ミュージアムには他に人がおらず、
職員の人がわざわざVTRの準備をしてくれるのが忍びなかった(笑)
映像の中の匠の技は流石だった。

宿泊は松江。
夜の街をサイクリングしたが、
スーパーもコンビニもあんまり見かけなかった。


来待ストーンの石切り場跡真実の口
来待ストーンの様子。
雨が降れば結婚式は台無しになる事だろう。
来待ストーンの真実の口は、
抜けなくなる所か食いちぎられそうな形相(笑)

食道楽
米子駅・赤貝おこわ
松江駅・蟹としじみのもぐり寿し
松江駅・お好みべんとう
松江で購入したコーヒーとヨーグルト:新見で購入した山芋餅と千屋牛ミートパイ
米子のかにちらし寿しは撮り忘れた。
高飛び | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/1309
この記事に対するトラックバック