さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 来待ストーン | main | 結婚式 >>

奥出雲おろち号食道楽の旅

紅葉には少し早いけれどトロッコ列車の旅。
いい感じの季節になると、今度はトロッコが寒くて堪らないだろうし。
鉄道の日切符で乗れる今くらいが丁度いいのかも。

と言う訳で木次から備後落合までのトロッコ列車の旅。
スタートの木次から食道楽スタート。
八岐大蛇弁当。
当初は食べるつもりはなかったのだけれど、
最終的には勢いで。
普通の幕の内。
次は出雲三成で仁多牛弁当。
まだ温かい弁当を美味しく頂く。
食べきらない間に亀嵩に。
扇屋の手打ち蕎麦弁当。
立売も出てると聞いていたのだけれども、
私が注文した分だけを店の方が持って出てきていた。
さらに出雲横田ではもちそばピザ。
これもまだ温かい。
と言う訳で蕎麦を後回しにして食べる。
美味だが腹にたまる。
そして八川では八川蕎麦。
麺の太さがまちまちなのが手打ちっぽい。
そして出雲坂根では焼き鳥と延命水。

どんだけ食べるのかという話だが、
勿論三段スイッチバックとか、
奥出雲ループとか車窓も楽しんでいる。
ま、出雲三成から出雲坂根までは食べっぱなしみたいなもんだが。
仁多牛弁当ともちそばピザがお気に入り。

備後落合からは芸備線で塩町へ。
福塩線で福山へ出ようと思って降りたのだけど、
三次まで行って乗換で良かったよう。
塩町には何もないし。

福山からは少し押し鉄。
岡山から姫路への列車の時間まで近辺の駅を押す。
どこも駅近くには何もなかった。


今回は備後落合まで乗っていったが、
次は奥出雲ループのサイクリングにチャレンジしてみようかと。
前後共に宿泊する必要が出てくるけれども、
あのループを見たらやりたくなってきた。
やるなら季節も考えないとなあ。


おろち号食道楽1
八岐大蛇弁当
仁多牛弁当
亀嵩蕎麦
もちそばピザ

おろち号食道楽2
八川蕎麦
出雲横田のトマトジュース:出雲坂根の焼き鳥と延命水
福山・復古弁当
米子・吾左衛門鮓鯖江戸風:相方好みのパン

江戸風は酢の具合が好みではなかった。
やはりノーマルな奴か燻しの方が良い。

たぬき
宍道駅前の郵便局にいた狸。
団栗が二個供えられていたのだが、
昨日相方が来待駅の狸に二個の団栗を供えていたのは偶然か(笑)

三段式スイッチバック
遠くに見える駅には撮り鉄が。

奥出雲ループ
これは自転車で走ってみたい。

おろち
おろち号の車内で光るおろち。

紅葉
紅葉はこの程度。

カント
最大級カントのある駅の様子。
最大級すぎて全体は収まらず。
高飛び | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

奥出雲のループ橋のサイクリングいいよ〜。
一昨年かな、この季節に行きましたが、さわやかで楽しかったな〜。

ま、ループ橋自体は意外とあっさり下まで着いちゃったりするんですが、いろいろ立ち寄ったせいで、帰りに乗るはずのオロチ号に抜かれた時は正直あせりました。事なきを得ましたが。
それにしても、ずいぶん食べましたな。
自分は2度も行ったのに亀嵩蕎麦を食べれんかった。無念。
もとせ111/549 | 2008/10/24 1:35 AM
列車に乗りに行っているのか、食べに行っているのか分かりません(笑)
おろち号のパンフには夕方の木次線で帰るようなサイクリング案が載っていましたが、帰りのおろち号の乗る事も不可能ではないんですね。

そう言えば、当時そんなコメントを頂いていたな、と読み返してみたり。
鯖夫 | 2008/10/29 12:50 AM
読み返して見たら、飛騨牛カレーの
記事をみつけたりして。

最近別のブログで飛騨牛カレーの記事を見た気が・・・。
世の中微妙にリンクしているのか、してないのか。
もとせ@よくおぼえてましたね | 2008/10/29 3:40 PM
飛騨牛は仁美ちゃんですね。
世の中って不思議なもんですね。
鯖夫 | 2008/10/31 8:56 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/1310
この記事に対するトラックバック