さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 初日 | main | 眠い >>

わんふぉーす最後の日

返し、本番、本番、バラシ、打ち上げ。

楽屋のあちこちから、
体のどこそこが痛いと言う声が上がる。
しんどいとかだるい、を越えて、痛い。
この辺りが11年の歳月か。
まあ、痛いの中心は、私なんですが。
腰と太腿が痛い。
非常に痛い。

とにもかくにも、残り2ステ。
昨日の演出との電話で迷いはなくなった。
私はやれば出来る子。

2ステ目。
個人的には一番出来が良かったと思う回。
スタッフさんにも昨日より良かった、
とのお言葉を頂く。
昨日とは違う演技プランをたてた甲斐があると言うもの。
それ以上にメインのアクティングエリアの真ん前に、
大先輩が座っていたのが大きかったと思われるが。
ずっと腕組みだし。
おかげで最初っから最後迄緊張しっぱなし。

3ステ目。
いよいよラスト。
2ステ目程ではないけれども、
まあ良かったんじゃないかと。
劇団最後のステージとして、
後悔はせずに済む出来。

ご来場いただいた皆様、
支えてくださった皆様、
本当にありがとうございました。


そして、バラシ。
流石に搬出される目には合わずにすんだけれども、
バラシではすっかり役に立たない子。

そして打ち上げへ。
現実の状況が状況だけに終電で帰るつもりだったのに。
やっぱり、そうは行かないよな。
打ち上げは日が変わっても続く。

終電組が帰った後に残ったのは、
わんふぉーすに縁の深い人たち。
閉店まで色々と話す。
私は、溜まっていた毒を吐き散らかしたりしてた。
現実との兼ね合いで最初っから参加できなかったのが、
本当に悔やまれる。
私の毒はそれに尽きる。

3時過ぎ、閉店。
そして解散。


実際、あんまり解散という実感はないけれど。
普段の公演終わりの寂しさと変わりない。
ただ、わんふぉーすがあったから、
こうして芝居をしているのは事実。
11年前に路頭に迷っていた時、
わんふぉーすに出会った。
色々あって芝居から離れた時もあったけれども、
わんふぉーすと言う帰る場所があったから4年前に戻ってこれた。
でも、もう、わんふぉーすはなくなる訳で。
いつかきっと、帰る場所がないと感じることになるのだろうとは思う。
その時は、きっと物凄く寂しいのだろう。


わんふぉーすに関わって下さった全ての人に。

ありがとう。
芝居 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

お疲れっした。
見に行って茶化すことしかできませんが、
またよろしゅうに。
鬼 | 2007/08/07 9:15 PM
鯖夫さんも、お疲れさまでした。
いや、意外とあっけないもんですね。
11年もやってると終焉が自然と受け入れられるようになるってことかな。
人生の終焉を迎えるときも意外とあっけないものなのかもね。

スタッフは公演ごとに変わっても不思議はないポジション。各スタッフが公演ごとに入れ替わる中、つたない技術の私を使い続けてくれた劇団には本当に感謝したいと思います。
思えば、私と鯖夫さんとの関わりも、この劇団があったからこそですよね。

そこにいてくれた、わんふぉーすに感謝

ありがとう。
もとせ(照明) | 2007/08/08 3:05 AM
無事公演終了おめでとう。
お疲れ様でした!!
(かつては路頭に迷わせてしまってごめんなさい・・・苦笑)

↑鬼、ってキトウくん?
もしかして日曜日の昼に最前列に座ってた??
みね | 2007/08/08 4:16 AM
>みね様
紛らわしいようですみません、
人違いをされております。

そうか、鯖さんにとって
「鬼」は複数居るのか(笑)
鬼 | 2007/08/08 10:59 AM
本当にお疲れ様でした。
初日後は、電話をしてかなりへこんだものの、
良い作品にしようという鯖夫さんの意気込みが
反対に嬉しかったりもしました。
7年前、あなたのために書いた作品ですもの(笑)いや、あくまで7年前のイメージだったんですがね。
でも、7年の月日があの熟成された鯖のごとき演技に現れたわけですね。
とにもかくにも感謝です。
11年間のわがまま劇団につきあってくれて。
ありがとうございました。
PS
そしてこれからは草野球にいそしむのだよ!

yomo | 2007/08/08 7:16 PM
>もとせ様
本当にお世話になりました。
いつも曖昧なイメージを見事な明かりにしていただいて、本当に感謝しています。
本当にわんふぉーすに感謝です。

>みね様
ご来場ありがとうございました。
路頭に迷ったからこそ、今があると思うと、それはそれで不思議です。

>鬼様
毎度ありがとうございます。
忌憚ない意見、ありがたいです。
因みにもう一人の鬼さんとは10年以上会っておりません。
連絡先も知りません。

>yomo様
初日後は本当にご心配をかけました。
お蔭様で、二日目はいい出来だったと自画自賛しておきます。
11年間、ありがとうございました。
野球……頑張ります。
鯖夫 | 2007/08/09 1:04 AM
お疲れ様でした。余韻を感じさせないブログ展開、ある意味お見事です。日常と非日常は紙一重ですね。
はだ | 2007/08/10 5:03 PM
鬼さま

おお、そうでしたか。失礼しました。
鬼は複数人いるのですね。

とは言え、片方は音信不通か・・・。
ちょっと寂しいね。
みね | 2007/08/11 12:06 AM
>はだ様
そんなに余韻を感じませんか?
まあ、もう日常に帰ってきてますから。

>みね様
ご存知の通り、1年で空中分解でしたから。
今ほど携帯も普及してませんでしたし。
鯖夫 | 2007/08/17 12:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://one-fourth.jugem.jp/trackback/868
この記事に対するトラックバック