さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

お取り寄せ

最近相方が始めた宅配サービスでのお取り寄せ。

可吉の紀州さば浜ずしとめはり。
そしてシェ・しらはまのチーズケーキ。

鯖ずしはなかなかのコストパフォーマンス。
あまり高くない割には美味しい。

チーズケーキはちっちぇ。
壮絶に。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

空弁

相方の東京出張恒例の土産。

「良じおんちゃんの牛たん麦めし」と
「トンポー蒸篭」。

牛たん麦飯は今までにない感じでなかなか美味。
トンポー蒸篭はちょっと微妙。
悪くはないけど、また買うかと言われれば……

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

くいだおれ

閉店前に一度くらいは行っておかないといけないかと思って。
いやまあ、正直なところどっちでもいいと言えばいいんだけど。
まあ、やっぱり一度くらいはって事で。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

鳥彌三 あざみ

帰省のついでに。

京都文化博物館はえらく混んでいましたが、
そんな事は全く気にせず目的の店に。
相方がどこからか仕入れてきた情報なのだが、
鳥スキーには堪らないお店。

親子丼
非常に美味な親子丼でした。

照り焼き丼
相方の食べた照り焼き丼。

黒豆きなこパフェ
どうやらこれの情報を見つけたらしい。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

飛騨牛実食

個体識別番号まで付いてる最高級品(笑)
これが美味しくなかったら本当に泣く(笑)
それ位の勢いで昨日のツアーで貰った飛騨牛を食べる。
食べ方は悩みに悩んだ結果のすき焼き。

飛騨牛

添乗員さんが「最高級」と「約120g」を連呼していた飛騨牛。
そこまで言われると実際どれ位入っているのか気になるので、
肉だけの重さを量ってみた。
126gあった。
少し嬉しい(笑)

後は「最高級」の味かどうか。

春菊などその他の具材を買いに行き、
卵を買い忘れてまた買いに行ったり、
と小さなアクシデントを乗り越え、
いざ実食。

美味い。

美味い。

いい肉の味がする(笑)
心からほっとした。
約120gを堪能。
昨日からのもやもやも少し晴れた(笑)


等級の差って凄いなあ。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

味吉祥

相方の東京出張土産。
「おこわ米八」の味吉祥。

味吉祥

カラスガレイの西京焼が非常に美味。
おこわはもう少し量が欲しかった。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

阿奈古すし

仕事でリーガロイヤルホテルに行った相方が、
「小鯛雀鮨 すし萬」の阿奈古すしを買ってきた。
鯖姿すしは売り切れていたそうだ。
残念。

阿奈古

ガリにも山椒が入っていたのが印象的。
これはこれで美味いが、
穴子の最高傑作は宮島口のあなごめしな気がしてならない。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

300円引き

閉店間際のデパ地下にて購入。
300円引きの声に釣られてしまった。

そと
淡路屋の「地鶏カツレツ」。
今月発売された新作らしい。
肉もソースも美味。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

鯛めし

羽田空港の空弁。
相方の出張土産。

鯛めし
「江戸懐石 寿美多」の鯛めし。
炊き込みご飯の風味がなかなか良い。

お茶を掛けてお茶漬けでもどうぞ、
とあったのでやってみたが、
普通に食べた方が……
ありかなしかで言うとありだけど。
積極的にする必要はないかな。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

おこわすき焼き弁当

出張の相方に買ってきてもらった空弁。
寿徳庵の「おこわすき焼き弁当」。

壮絶に小さい。

一食にはなりえない量。
いくら松阪牛だからって、
いくら国産黄金米のもち米100%だからって、
この量は無いと思う。
いくら美味しくっても、ねえ……

後で普通に晩御飯を食べた。

続きを読む >>
| permalink | comments(0) | trackbacks(0)