さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

Wii

積極的に購入するような流れではなかったのに。
DS Liteの時のように徹夜して並んでまで買う気はサラサラなかったし。
今日はクリスマス前と言う事で、各地では昨日からかなりの行列が出来ていたらしい。

そんな中、ダイヤモンドシティ・リーファのジャスコは抽選販売。
抽選販売なら行ってみてもいいかと。

起きてみたら抽選券配布開始の時間ギリギリ。
慌てて行くと、既に大量の人。
チラシには50台と書いてあったので、これは絶望的かと思いきや実際には119台。
それなら当たるかな、と思わないでもない気がした。

15分ほど並んで整理券を入手。
私が524で相方が525。
最終的には700人弱が並んだようで、倍率は6倍ほど。

で、抽選開始。
箱に入れられた札が1枚1枚引かれていく。
序盤に526が当選番号となってからは、かなりドキドキ。
当たったら儲けもの位の気持ちでいたとは言え、1番違いで外れていたら悶絶もの。
残り台数はどんどん減ってくる。
そして94台目に遂に525のコールが。

あたり

しかし、当たってからは
「本当にいるのかどうか」
と少し悩んだり。
強烈に遊びたいゲームがある訳でもないし。

と思いつつ、結局買う訳だけれど。
DS LiteといいWiiといい、任天堂に踊らされる相方。
ダイヤモンドシティ内のクリーニング店の裾上げが525円という張り紙を見て、525番が当たる気がしたと言い張るし。

Wii

右上はトイザらスで買ったアニマルフラワー。


ゲームは「はじめてのWii」と「WiiSports」を購入。

続きを読む >>
ゲーム | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

レッスルエンジェルス SURVIVOR

グレイトから発売されたPC版のシリーズは全部遊んだなあ。
そんな懐かしい作品がPS2で出るとなれば買わない訳にはいかない。
特に一番嵌った3と同じ団体経営SLGなら尚更。
3はかなり遊んだ。レスラー集めてマッチメイクして、脳内でアングルやギミックを構築して楽しんだものだ。

そんな隠れた名作中の名作が。
10年の歳月を経て。
新作として発売された訳なのだけれど。


凄いな、これ。


何が凄いかって、殆ど10年の年月を感じさせない。
相方にいつのゲームかと聞かれたし。
キャラクターが喋ること以外は殆ど10年前と変わらない。

まあ、それでも面白いとは思うのだけど。
ロードの時間が微妙に長いとか、気になる点は多々あるけれど。
一番の難点はキャラクターの成長がコンピュータ任せなのと、キャラクターによって成長限界が設定されたことか。
お気に入りのキャラクターが弱設定だと団体のエースには出来なくなってしまった訳で。
斉藤彰子とか。
そう言えば、山元宏美と西町珠里がいないな。


サンダー龍子とブレード上原を中心に経営するのは3の時と変わっちゃいない……
ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

戦国BASARA2

発売日に購入済み。
で、二週間ばかり経った訳ですが、売却。


いや、面白くない訳ではないんですがね。

多数隠れているジョジョネタとか、思わず吹き出したのとかありますし。
一番笑ったのはザビーの
「諦めたらそこで試合終了でーす」
だけど。

何て言うか、前作に比べてやりこみ要素は増えてるんですが。
でも、やりこみって言うのを勘違いしているように感じて仕方がない。

各キャラクターのストーリーモードが5面か6面。
第二衣装を手に入れようと思ったら天下統一モードを最低1回はクリア(7面くらい)。
で、最強武器を手に入れようと思ったら大武道会100戦勝ち抜き。
どれだけ時間かけさせるのかと。
各ステージもキャラクター毎で変化がある訳でなく、基本的にただ敵を倒していくだけのステージばかり。

飽きるわ。

時間を使わせればいいってもんじゃない。
ゲームが生産的ではないと言うのは分かりきっているけど、これはどうしようもなく非生産的だ。

無双系のように、最強武器を手に入れるのに手順を追う方がまだ遣り甲斐がある。


小ネタは面白いんだけどね……

ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

花火大会

リアルの花火大会なんて見に行きはしませんよ。
暑いし、人多いし。
わざわざ見に行くもんじゃない。

と言う訳で、「どうぶつの森」の花火大会をクーラーの効いた部屋で堪能。
風流、風流。
ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

相方が「カンペキ漢字力」を購入。
確かに最近は殆ど字を書く事がないので、ゲーム感覚で書いてみるのもいいかも知れない。

常用漢字完全収録・高校卒業程度のレベルなので、そんなに難しくない。
名人まで不合格になることなく昇段。
しかしたまに、
「なぜこんな字が」
と、言う字が思い出せなくて吃驚する。

とか……


知らない四文字熟語は沢山出てくるし、部首なんか忘れているのが多いし、熟語の構成なんて最近考えたこともないし。
勉強の役には立つけれども、続くかどうかはどこまでゲームとしてのモチベーションを保てるかが問題っぽい。


みんなのDSゼミナール カンペキ漢字力
みんなのDSゼミナール カンペキ漢字力

ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

テレビが無かったら携帯ゲームをすればいいじゃない

いや、まあ、その通りなんですけど。
だからこそPSPの「デビルサマナー」を買おうかどうしようか、毎日葛藤している訳ですよ。


苦節2週間

そんな訳で、「どうぶつの森」で必死になってオニヤンマ取りに興じてみた。
7月に入ってから二十日弱。余りに捕まえられないので、若干嫌気がさしていたとかいないとか。
早いわ見つからないわと散々苦しめられる毎日。
そこで今日はオニヤンマを取ることだけに専念してみた。
他の虫や魚は無視し、花は蹴散らす。
それでもなかなか出てこないし。

テレビが壊れてなかったら捕まえられたかどうか。
だって探してる間に飽きるんだもん。

人生万事塞翁が馬ですな。
しょぼいけど。
ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ハートのクイーンはよろめき

徹夜で手に入れたDSですが、「どうぶつの森」は日課となっております。
それ以外では「だれでもアソビ大全」を偶に。
様々なゲームが遊べるこのゲーム、よくやるのはトランプゲーム。

高校時代トランプと言えば、ブラックジャックかナポレオン。
授業中はブラックジャックで、休み時間はナポレオン。
希に授業中でもナポレオン。
そんなナポレオンですが、遊んだのは高校時代のみ。
マイナーなゲームなのか、それ以降では遊ぶ機会が全く無かったナポレオン。
そんなナポレオンがプレイ出来るのです。

で、遊んでみたら少しばかりルールの違いに少々の戸惑い。
これがローカルルールって奴かと思いつつ遊んでる訳ですが。


で、何でこんな話なのかと言うと。
相方がPSPを衝動買いして来たんですよ。
「どこでもいっしょレッツ学校!」のお勉強パックと言う奴を。
店頭で見たら堪らなくなったらしい。
そんな相方ですが、DSのゲームは「どうぶつの森」以外殆どやらなくなってたり……
さて、PSPはいつまで続く事やら。


PSP版の「デビルサマナー」買おうかなあ……
「ペルソナ3」の方がいいかなあ……
ゲーム | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

碇槍

大神のサントラの情報を探している最中にこんなのを見つけた。


人気武将・武器携帯ストラップ プレゼント

長曾我部元親の碇槍が欲しい。
公式サイト見に行ったら、公式サイトの写真の方がしょぼかった。
でも、碇槍がいい。

前作もキていただけに、今作はどうなってるのか気になるところだけれど。
長曾我部と毛利が使える様になっているのは嬉しい。


戦国BASARA2公式サイト


大神 オリジナル・サウンドトラック
大神 オリジナル・サウンドトラック


ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

大神

クリアしましたよ。
途中経過も何も無くですが。

正直、序盤から中盤にかけてはどうかって感じだったんですけどね。
結構評判いい割にはこんなもんなのかなあって感じがして仕方が無かったんですが。音楽はいい感じなんですけど。

大神(OKAMI)
大神(OKAMI)

続きを読む >>
ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

戦国無双2 最後

「大神」は届いているのですが、開けてしまうと本格的にまずい状況になると思われるので放置。でも、「戦国無双2」をやっていては意味がないんですけども。

嗚呼、現実逃避……


結局柴田勝家と佐々木小次郎を入手して、前田慶次を最強にして終了。
これ以上遊ばないように即売却。


早く「大神」がやりたい……



現実が、現実が、襲ってくるよ。
ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)