さばの味・技めぐり匠版

さばのフィクションとノンフィクションの狭間の日記。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ブルーインベスターズ1周年記念パーティー

ブルーラヴの成績も今一つな事もあって消極的撤退中の今、
1万円の会費を払ってまで参加する必要があるのか悩んだのだけれど。
こう言ったパーティーに参加する機会も滅多にないし、
参加費も出資割引券として返ってくるし、
折角だから赤の扉を選ぶ精神を発揮して参加することに。

まずは募集馬についての説明等が1時間。
調教師の話を少し聞けた位で、
後は資料を読めば分かる内容。
あんまり得るところはない感じ。

で、次の1時間がパーティー。
立食形式でコンパニオン付。
何となく無駄に豪華で居心地が悪い。
コンパニオンのお姉さんが料理を取り分けてくれたりするのだが、
逆に言うと料理はお姉さんに狩り尽くされる訳で、
お姉さんに気付いてもらえないと食いっぱぐれてしまう羽目に(笑)
幸いそんな目には遭わなかったけど。
でも、デザートは若干食いっぱぐれ気味になった。

余興はしましまんずとマイク仲田。
別になくても良かった。
プレゼント抽選会は当然の如く何も当たらず。

ゲストとして何人か調教師や騎手の方々が来られていたが、
下々の者が話せる雰囲気でもなく。
何をしてるんだかなあという雰囲気になったところで、
同じような疑問にぶち当たったであろう一人で参加していた人と会話。
同じくラヴに出資しているそうなので、
いつか競馬場で会うかもしれない。
願わくばウィナーズサークルで、
と言ってはみたが、果たしてどうなる事やら。

そんなこんなでお開きの時間。

取り立てて参加して良かったと思うわけではないが、
悪かったと言う事もないので、機会があればまた参加したいとは思う。


サンデーウィッシュが今月中に入厩すると言うので、
発作的に申し込んでしまった。
1歳にこれというのがいなかったし、
吸血鬼の補償の期限が近づいてるし、
今日の申し込みなら1割引だし、
とまさに発作的。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

CLUB KEIBA

久々に大学時代の友人と競馬場へ。
今は静岡に住んでる友人もやってきてメンバー勢揃い。
まさにCLUB KEIBA。

ま、結果は相変わらず惨憺たる物だった訳ですが。

そしてその後は飲み会。
昔のようにバカ話に花を咲かせる。

年に一度くらいは皆で集まれたらいいな。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【出戻りを賭けて】【えーっと】

園田開催が終わり姫路開催に。
ブルーヴァンパイヤ姫路初見参。

とは言え良馬場だから何も期待していない。
前走勝っているので3番人気とそこそこ支持されてはいるが。
鞍上は松平騎手。

で、レース。
後ろ目から全く見せ場なく最下位。
いくら良馬場だからってちょっと酷い。
こんなもん、と言われればそれまでだが。

競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【出戻りを賭けて】【そろそろ決めようよ】

雨だ!不良だ!田中学だ!
と言う訳で、勝てそうな要素が見事に揃った園田第12戦。
出戻る気があるのかないのか、
そろそろはっきりしてもらいたいような気もする。
今まで出戻った馬でここまで地方で走った馬がいるのだろうか?

で、レース。
中段からレースを進めて3角から一気に捲る。
そのまま直線で後続を振り切り、
見事1番人気に応えて勝利。
2勝目。

ま、出戻ってくる気ならD級くらい余裕で勝ってもらいたいんだけど。
やっぱり馬場が悪くならないと無理なんだろうな。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【出戻りを賭けて】【もう、何も浮かびません】

園田での11戦目。
良馬場だから何も期待してません。

案の定、中段からずるずるって感じでブービー。
だって良馬場だもの。

因みに鞍上は松浦騎手でした。
園田デビュー戦以来二度目。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

はやぶさ賞

ブルーラヴが新潟10Rのはやぶさ賞に出走。
芝の1200でダメなら1000で。
これでダメなら本当にダートの1000しか道がない訳で。

鞍上は田中勝。

レースは出負け気味のスタートも、
後半なかなかの脚で上がってきて見事2着。
勝ち馬には完敗も、この先少しは期待出来そうな内容。
上がりは最速だったし。
ダート専用と言う訳でもなさそうだし。
1000専用という可能性はあるけれども。

1000のレースは根本的に少ないんだよな。
芝もダートも。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【出戻りを賭けて】【安西先生、中央に戻りたいです】

遂に園田での出走も二桁に。

今日は良馬場。
手薄なメンバーなので2番人気に推されているが、
果たしてどうなる事やら。
鞍上は田中学。


今回は今まで気にも留めていなかった馬体重が目を引いた。
438kg。
そんなに小さかったっけ、と思ったらやはり-12kg。
調べてみたらデビュー以降ほぼ毎レース馬体を減らし続けていて、
前走時点で通算-14kg。
それでも450kgだから気になっていなかったのだが。
……いくらなんでも減りすぎじゃないか?


で、レース。
五分のスタートから押されて二番手につける。
道中も押されっぱなしながら二番手をキープし直線へ。
これはもしかしてと思ったのも束の間、
逃げた馬にどんどん突き放された。
最後は差してきた馬を何とか凌いで2着でゴール。

2着といえば聞こえがいいが、勝ち馬との着差は2.0秒。
手薄なメンバーに助けられての2着という事だなあ。


勝ち馬の鞍上は新人でこれが初勝利。
めでたい事だが、へぐってくれてもいいだろうにと思ったのもまた事実。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

桜のレースといえば

桜草特別ですね、分かります。


と言う訳でブルーラヴが中山9Rの桜草特別に出走。
芝のスプリント戦。
鞍上は小林淳。

昇級してから2戦はさっぱりな結果なので、
初の芝で変わり身を見せてほしいと願ってはいるが。
父の産駒は芝で未勝利。
ついでに言えば平場以外でも未勝利。
と期待できる要素が見当たらない。


で、レース。
そこそこのスタートを決めるも中団からの競馬。
4角手前位では徐々に上がっていく素振りを見せて一瞬期待させるが、
直線に入ったらいつも通り伸びてこない。
10着。
13番人気だったから、健闘したんだろう。
着差だけ見ればダートほどは負けていないし。
芝でも同じように走れそうだという事は救いだ。

騎手コメントによると控える競馬をするようにとの指示があったらしい。
控えても全く伸びてくる気配が見えないところが悲しい。


数少ない1000Mのレースに望みをかけるしかないのか。
同じ父のイリューシブネスが5歳になってから2勝を挙げている、
その事実に縋っていくしかないのか。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【出戻りを賭けて】【雨、雨、降れ、降れ】

ブルーヴァンパイヤの園田9戦目。
いつものようにダート1400M。
鞍上は木村健。

前日の雨の影響で馬場は不良。
足抜きがいい馬場でしか走らないんじゃないか、
という疑惑が浮上(笑)したヴァンパイヤにとっては好都合。


ゲートの中で暴れていたように見えたけれども、
スタートは普通に出て5番手でレースを進める。
直線に入ってから外に持ち出されて追い込むも2着。
勝ったのは同じような位置から3角で捲り気味に上がっていった馬。
内目にいて外に出せなかったのか出さなかったのかは分からないが、
位置取りの差が大きかった感じだ。


しかし、馬場が悪かった今日はやっぱり好走したなあ。
やっぱりそういう事なのか。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

3歳500万下

ブルーラヴが阪神7R3歳500万下ダート1200M戦に出走。
鞍上は小牧太。
中央に来て目立たなくなっているとはいえ、
ダートなら期待の持てる騎手。
前走は出遅れが全てと思えばまだ見限れないし。
口取りを申し込んで現地観戦しようかどうしようか迷ったけれども、
腰を労わる方向でTV観戦。
7RならKBSの放送が始まっているし。
相手に強そうなのもいるから、
今回は様子見しても大丈夫だろうと思ったのは秘密。

パドックの様子は良さそうに見えた。
が、解説者の推奨からは外れる。
上位の3頭が圧倒的に人気を集める中ラヴは5番人気。
人気位の着順になれば御の字か。

そうこうしている内に発走。
五分のスタートを切るが置いていかれ気味。
出鞭も入れられていたように見えたが置いていかれ気味。
中盤からの競馬。
3角過ぎたあたりから徐々に上がっていくような感じだったが、
直線に入ってからはさっぱり伸びず。
見せ場もなく11着でゴール。

流石にこの結果では、この先も期待しにくい。
数少ない中央のダート1000Mか平坦小回りの地方交流か。
芝を試してみるか。
うーん……


騎手コメントの足元を気にしながら走っていたと言うのが怖い。
何もなければいいのだけれど。
競馬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)